たに整形外科

滋賀県近江八幡市の整形外科,リウマチ科,リハビリテーション科 たに整形外科

〒523-0894 滋賀県近江八幡市中村町654
TEL 0748-33-1610

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

当院のご案内

診療科目

整形外科,リウマチ科,リハビリテーション科

診療時間

診療時間
9:00~12:00
16:30~19:00
【休診】
木曜・土曜午後、日曜・祝日

 

院内・診療設備など

電子カルテシステム、レントゲンデジタル撮影システム(フラットパネル)
 当院では(株)パナソニック社の電子カルテシステムを導入しています。診察室・検査室・リハビリ室・受付をITで結び、迅速な情報伝達が可能になりました。将来的に近隣の医療施設間の情報ネットワーク構築が完成すると、患者さまの医療情報を複数の医療機関が共有することにより無駄を省き、患者さま本位の個別医療を実践することが可能となります。また、第三者にもわかりやすい客観的なカルテ記載は情報開示を容易にし、厳重なセキュリティにより強固な個人情報保護が得られます。
 レントゲン検査においては、(株)コニカミノルタ製フラットパネルを導入しています。従来のCR装置よりも格段に優れた画像処理により、検査時間の短縮・診断能力の向上・情報保管面での安全が得られました。

測定機能付自力運動訓練装置
筋力向上・ロコモ対策として、(株)ミナト医科学製トレーニングマシン・ウェルトニックを導入。各自の筋力を測定し、最適な負荷で効率的に筋力増強訓練を行います。理学療法士が指導いたします。

超音波骨塩定量装置、血管年齢測定装置
高齢化社会の到来により、骨粗しょう症は現代医療の一大テーマとなりました。骨粗しょう症の予防・治療のためには、まず骨評価を的確におこなうことが必要です。さらに、骨塩量は年齢とともに変化しますので、定期的な骨塩測定をおこなうことにより、患者さま個人の骨量の変化を把握することが重要です。当院では(株)アロカ社の超音波骨塩定量装置を常備しております。
超音波による骨評価法はX線被ばくがなく、短時間での測定が可能で、患者さまの経済的負担が少ないなど多くの利点があります。また、コンピュータにデータを保存することにより、患者さま個々の骨評価を経時的に調べることができます。
また、フクダ電子(株)の血管年齢測定装置を導入しています。「下肢のしびれ」が血管性か神経性かの診断は、臨床上、非常に重要です。CAVI測定結果をもとに、迅速に対応いたします。